ファンケルアクネケアでニキビ跡の解消は
基本的に難しいと思ってください。

赤みくらいならある程度の効果は
期待できそうですけど
肌の深部にまで及んだニキビ跡は
ホームケアでは治せません。

色素沈着についても
ちょっと微妙かもしれません。

・ニキビ跡の基礎知識

ニキビ跡は大きく3種類あります。

赤み、色素沈着、クレーターです。

赤みは皮膚が薄くなって
血管が透けて見える状態で
炎症とは違います。

色素沈着は傷んだ肌を
紫外線から守ろうとしてできる
シミのことです。

クレーターは真皮層まで
ダメージが及んで深く
肌がえぐれたようなものです。

ホームケアでどうにかできるのは
軽症である赤みと色素沈着までです。

色素沈着も程度問題で、
真皮層にできてしまうと
メラニン色素がなかなか排出されずに
ずっと残り続ける可能性があります。

そうなると重症なニキビ跡に
分類できてしまいます。

よくできるのは赤みで、
ニキビ跡の中では軽症ですが、
ニキビがひどくならないと
できないものなので、
深刻であることは変わりません。

肌自体が壊れているので
ニキビよりも治りが遅く、
3ヶ月はかかると言われます。

刺激にも弱くなるので
こうならないためにも
普段から気をつけないといけないですね。

・ファンケルアクネケアでニキビ跡はどうにかなる?

ではファンケルアクネケアで
ニキビ跡はどうにかできるのでしょうか。

これは使ってみるまでなんともいえませんが
とりあえず言えることは軽症な場合に限り
効果があるかもしれない、
くらいに思っておきましょう。

肌に負担をかけないよう
いろいろ無添加を謳っていて
保湿成分として漢方も使っていたり
消炎成分も色素沈着向けの成分も
入っていたりといろいろ工夫されてます。

ニキビ跡ケアに特化するとしたら
化粧液が一番いいと思います。

化学物質がシリーズの中で
一番少ないですし色素沈着対策として
アケビアエキスも入っています。

アケビアエキスはジェル乳液にも
配合されてますが保湿を重視してることから
合成界面活性剤が含まれてるので
ちょっと肌的にはよろしくない
部分もあります。

基本的にファンケルアクネケアのような
シリーズものはライン使いするのが
一般的ですがニキビ跡に関しては
最小限度にしたほうがいいです。

敏感肌ですからね。

本来はニキビ跡というのは
外傷と同じようなもので、
炎症はそれを治すためのものです。

なのでメイクをする必要があると
必然的にある程度コーティングも
しないといけなくなりますが、
メイクも同時にこだわったほうがいいです。