思春期のニキビと異なり、季節の変わり目や、日々のストレスに応じて現れる大人ニキビ。
オイリー肌の人に現れる大人ニキビはイメージしやすいですが、余分な皮脂が出ていないことが乾燥肌の特徴のはずなのに、どうしてニキビができてしまうのでしょうか?
原因を考えるとともに、対応策について考えてみましょう。

・大人ニキビ、オイリー肌も乾燥肌も原因は同じ

ニキビは、毛穴に余分な脂や汚れがつまり、毛穴が炎症を起こしてしまっている・または炎症を起こす手前になっている状態のことです。つまりオイリー肌も乾燥肌も、原因は異なっていても、毛穴が詰まっている、という点では同じ結果なのです。

・乾燥肌で毛穴が詰まるわけ

オイリー肌の人の毛穴が過剰に分泌される皮脂で詰まりやすいことは想像できますが、乾燥肌の人は皮脂が足りないぐらいの人が多いはず。実はこの皮脂の少なさによって、逆に皮脂が詰まりやすい状態になっているのです。

お肌の水分量を保つためには、水分そのものはもちろんのこと、適度に分泌される皮脂とのバランスが大事です。皮脂と皮膚の水分がまじりあい、お肌の上でバリアのように膜をつくり、肌表面の角質層の並びを整え、整ったキレイなお肌が生まれるのです。

ところが皮脂の少ない乾燥肌さんは、そのバリアを保つことができず、角質層の並びが乱れ、その隙間から水分が蒸発してしまい、角質そのものから水分が失われてしまいます。

水分を失い硬くなった角質では、ターンオーバーサイクルの正しい、柔らかい毛穴が作れません。柔らかさを失った毛穴では、分泌の少ない乾燥肌さんの皮脂といえども毛穴の出口に詰まってしまい、大人ニキビができてしまうのです。

・乾燥肌の大人ニキビ対策

皮脂の分泌不足→皮膚上の水分と脂分のバランスが悪化→角質のゴワゴワ化→結果の毛穴詰まり→大人ニキビ発生 というサイクルを説明してきました。やみくもに保湿をしても、どこの段階にアプローチするかを明確にしなければ、さらに毛穴が詰まり、逆にニキビの原因になってしまうかもしれません。正常な皮脂分泌を目指し、柔らかく整った角質層のために、以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか?

・皮脂の分泌不足

 食事からアプローチをしてみましょう。普段の食生活で脂質の摂取量が少なかったり、ジャンクフードやお肉をたくさん食べがちなど、質の悪い油を口にする機会は多くありませんか? 脂質は私たちの細胞のひとつひとつの細胞膜を構成する、重要な栄養素です。悪い油ではお肌の細胞もいいものが作れません。オリーブオイルや亜麻仁油をはじめとした、良質な油を摂取することを心がけましょう。お水もたくさん飲んでくださいね。

・皮膚上の水分脂分バランス・角質のゴワゴワ化

上記の体内のアプローチからはもちろん、お肌にのせるスキンケアアイテムに気を付けましょう。水分と脂のバランスを整えることが目標なので、ニキビが皮脂によって引き起こされるからといって、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っていては、お肌の潤いをこそぎ落としてしまいかねません。

洗顔料やクレンジングについては、お肌と同じ成分であるアミノ酸を主成分としたもの選びましょう。

スキンケアアイテムについては、上記アミノ酸はもちろん、角質を整える効果のあるセラミドやビタミンCといった成分が含まれているものを選んで、こすらず叩かず、手のひらで包むようにして、お肌に潤いを届けましょう。乾燥肌さんのバリア機能の弱った肌に、物理刺激は厳禁です!

まずは以上のような対策を行って、ニキビのないお肌を目指しましょう!
膿がたまるようなひどいニキビの場合は、お医者さんにも相談してくださいね。