ファンケルのニキビに対する
考え方を紹介していきます。

その理論をもとに
ファンケルの製品が
作られてるんだと納得できます。

すでにわかってるような
内容かもしれませんが
改めて見てみると
新たな発見があるかもしれませんよ?

・ファンケルのアンケートでわかった悩み

ファンケルは超がつくほどの
大手化粧品メーカーです。

もちろんニキビについても熟知していて
わかりやすく説明してくれてます。

そこから人間の肌や健康や仕組みについて
すべてがわかるわけではないですが
少なくともニキビの基本的な理論は
理解できると思います。

ここでは最も悩む期間が長いであろう
大人ニキビについてお伝えします。

大人ニキビには以下の特徴があると
アンケートからわかったといいます。

治っても同じところにできる、
なかなか治らない、
ニキビ跡が消えない、
治っても生理周期に合わせてできる。

最も多い悩みが同じ部分に
繰り返しできるで71%、

ついでニキビ跡の60%、

生理周期が59%、

なかなか治らないが43%です。

アンケートは大人ニキビに悩む
150人に実施したもので
期間は2014年~15年。

おそらく重複回答ですので
みなおおよそ同じような悩みを
抱えていると思われます。

・ファンケルのこだわりについて

一番多い悩みである
繰り返す大人ニキビは、
間違ったニキビケアや乾燥により
肌のバリア機能が低下した状態と
ファンケルはいいます。

ニキビケアでは定番である
殺菌剤を含む化粧品が仇となるそうで、
それにより皮脂の過剰分泌が起きます。

乾燥も同じ理由で起こりえます。

健康な肌は水分量が多く
皮脂量が少ない状態と
ファンケルは定義しているようです。

その理想的な肌を目指すには、
肌に負担をかけない無添加、

洗浄と保湿で大人ニキビを予防し、

バリア機能を高めて繰り返しも防ぎ、

可能なだけニキビ跡にも
アプローチする方法がいいと説きます。

一番のポイントは肌に負担を
かけないことだと思います。

ファンケルも完璧ではないですが
無添加にはこだわりがあるようで
1980年の創業から
ずっと守っているそうです。

香料フリーはよくありますが
防腐剤を使っていない化粧品は
めずらしいですね。

そのため長持ちさせにくいので
容器にもこだわっており、
製造年月日を明記するなど
他のメーカーでは見られない
特徴が随所に垣間見えます。

食べ物で言う賞味期限にあたる
フレッシュ期間というのも
設けているのも個性的です。

ニキビは炎症を抑えればいいとか
殺菌しておけばなんとかなるとか
そう言われてた時代もあったと思いますが
今は全く違いますね。