ファンケルのニキビケアには
アルコールはあまり使われてないので
それが気になる人にとっては
いいかもしれません。

でもアルコールだけに囚われてると
大事なことを見失うので
気をつけてください。

ファンケルニキビケアは
刺激が少ないことで評判ですが
それはつけ心地がいいという
レベルの話でしかないですね。

・アルコールと化粧品の関係

ファンケルニキビケアの特徴のひとつに
アルコールフリーがあります。

化粧品に使われるアルコールは
エタノールのことを指します。

アルコール成分が肌に合わない人が
けっこう多いことや、
世間の評判が悪くなってることから
使わない製品が多いです。

それはそれで良いことかもしれませんが
一概にいえない部分もあります。

そもそもアルコールが化粧品に
使われている理由をご存知でしょうか?

最も基本的な理由は保存目的。

アルコールは消毒になることは
あまりにも有名ですね。

化粧品の大半を占める成分は水であり
美容成分だって保存料がないと
あまり長持ちしません。

劣化した化粧品は危険なので
法律でも一定のルールが設けられており
それに従わないと化粧品として
販売できないことになっています。

アルコールを使う他の目的は
使用感を高めるためです。

アルコールを揮発性があるので
肌につけるとひんやりします。

すると爽快感が出るのと同時に
浸透した感じもするので
使わずにはいられないという
感覚も生み出すことになります。

・ファンケルニキビケアは肌に優しい?

問題はアルコールが
肌に合わない人が多いことです。

これは単に人種的にアルコールに
弱い人が多いことも関係しますが
角質を溶かす性質もそうです。

その作用により成分が浸透しやすくなるので
化粧品としてはメリットになりえますが
肌の健康的にはどうかと思います。

あと消毒効果もあることから
使いすぎは常在菌を過度に殺すことにも
繋がってしまいます。

アルコールという視点でみると、
ファンケルニキビケアは
いい商品のひとつになる部分もあります。

でもアルコールフリーだからといって
必ずしもいい化粧品とは限らないので
鵜呑みにしてはいけません。

アルコール自体は手の消毒液にも
使われているほどなので
もともとリスクが少ない成分です。

それよりもバリア層を壊してしまう
合成界面活性剤のほうが
よっぽど怖い存在です。

無添加を打ち出して
保存に気を使う商品は
質がいいと思われがちですが、

ちゃんと成分表示をチェックしたうえで
判断しないといけないですね。