ファンケル、ニキビときたら
アクネケアが有名ですけど
ときには隠すことも必要に
なってくると思います。

そこで役に立つのが
ファンデーションですが、
メイクアップは美容向けの
化粧品よりもさらに肌に悪いので
ちゃんとしたものを
選ばないと大変なことになります。

・ファンケルのファンデーションについて

ファンケルは総合化粧品メーカーなので
アクネケア以外にも
たくさんの化粧品を取り扱ってます。

ていうかなんでも揃ってますね。

メイク道具はファンケルで
統一してるって人も
けっこういると思います。

ファンデーションは固形、
液状、練上、粉状と
一通り揃っているので、
自分にあった色は必ずあるかと。

色だけでなくサラサラ、
しっとりといった質感も多種多様で
ニキビを隠す意味でも
役に立つかもしれません。

肌の状態別でも区分けされてて、
脂性肌~普通肌なら
ブライトアップUVライン、

普通から乾燥肌なら
モイスチャーラインか
エクセレントリッチライン、

デリケートなら
エアリータッチといった感じ。

たぶん一番ポピュラーなのが
モイスチャーラインかな?

カバー力もあるから
ニキビを隠すときにも使えます。

・メイクアップも質に気をつけよう

ちょっとした注意点ですが、
本来はニキビ肌にお化粧は不向きです。

でも美容的にしないとまずいですし、
ニキビを一時的に隠したいときも
あるから使わないわけにいはいきません。

だからこそ化粧水とか美容液以外にも
メイクアップの質も
気にしないといけません。

残念だけどファンケルのファンデーションは
ごく一般的なメイクアップに近いから
そんなに質はよくないです。

それは成分を見てみるとわかります。

ちょっと調べないと判別できないけど
合成界面活性剤を使ってるからね。

それはいろんな成分を浸透させるために
使用する最も基本的な成分だけど
肌のバリア層を壊しちゃうから
肌によくありません。

もちろんニキビ的にもまずいです。

いろんな成分が入り込んで
悪影響を及ぼしかねないので。

全部のメイクアップに入ってるか
どうかまでは見ていないけど
たぶんほとんどの化粧品に
使ってると思います。

それはアクネケアも一緒ね。

無添加にこだわってるようだけど
何が無添加かはメーカーによって
主張がバラバラだから
鵜呑みにしないのが鉄則です。

てことでメイクアップまで
ファンケルにこだわる必要はないから
合成界面活性剤を使っていない
良質なファンデーションで
ニキビを隠してほしいと思う。

たぶん知らないだけで
探せばいろいろあるはずですよ~。