「ファンケルアクネケア」の記事一覧

ファンケルのニキビ対策はファンデーションもあり?

ファンケルアクネケア

ファンケル、ニキビときたら
アクネケアが有名ですけど
ときには隠すことも必要に
なってくると思います。

そこで役に立つのが
ファンデーションですが、
メイクアップは美容向けの
化粧品よりもさらに肌に悪いので
ちゃんとしたものを
選ばないと大変なことになります。

・ファンケルのファンデーションについて

ファンケルは総合化粧品メーカーなので
アクネケア以外にも
たくさんの化粧品を取り扱ってます。

ていうかなんでも揃ってますね。

メイク道具はファンケルで
統一してるって人も
けっこういると思います。

ファンデーションは固形、
液状、練上、粉状と
一通り揃っているので、
自分にあった色は必ずあるかと。

色だけでなくサラサラ、
しっとりといった質感も多種多様で
ニキビを隠す意味でも
役に立つかもしれません。

肌の状態別でも区分けされてて、
脂性肌~普通肌なら
ブライトアップUVライン、

普通から乾燥肌なら
モイスチャーラインか
エクセレントリッチライン、

デリケートなら
エアリータッチといった感じ。

たぶん一番ポピュラーなのが
モイスチャーラインかな?

カバー力もあるから
ニキビを隠すときにも使えます。

・メイクアップも質に気をつけよう

ちょっとした注意点ですが、
本来はニキビ肌にお化粧は不向きです。

でも美容的にしないとまずいですし、
ニキビを一時的に隠したいときも
あるから使わないわけにいはいきません。

だからこそ化粧水とか美容液以外にも
メイクアップの質も
気にしないといけません。

残念だけどファンケルのファンデーションは
ごく一般的なメイクアップに近いから
そんなに質はよくないです。

それは成分を見てみるとわかります。

ちょっと調べないと判別できないけど
合成界面活性剤を使ってるからね。

それはいろんな成分を浸透させるために
使用する最も基本的な成分だけど
肌のバリア層を壊しちゃうから
肌によくありません。

もちろんニキビ的にもまずいです。

いろんな成分が入り込んで
悪影響を及ぼしかねないので。

全部のメイクアップに入ってるか
どうかまでは見ていないけど
たぶんほとんどの化粧品に
使ってると思います。

それはアクネケアも一緒ね。

無添加にこだわってるようだけど
何が無添加かはメーカーによって
主張がバラバラだから
鵜呑みにしないのが鉄則です。

てことでメイクアップまで
ファンケルにこだわる必要はないから
合成界面活性剤を使っていない
良質なファンデーションで
ニキビを隠してほしいと思う。

たぶん知らないだけで
探せばいろいろあるはずですよ~。

ファンケルのニキビ対策はサプリもいろいろあるようです

ファンケルアクネケア

ファンケルでニキビ対策といったら
アクネケアが有名ですが
サプリを使う手もあります。

ファンケルだけでいろんなサプリを
出しているので中にはニキビ向けと
いえるものもあります。

どれも栄養素がいろいろ入っている
複合型のサプリなので、
試したいものを試せばいいでしょう。

化粧品よりもサプリのほうが
まだましかもしれません。

・ファンケルのサプリについて

ファンケルは化粧品メーカーとして
有名ですがサプリなども出してるので
美容メーカーといったほうが
適切かもしれません。

サプリはいまや美容の定番商品なので
大企業ならおそらくどこでも
なんらかの商品を出しているでしょう。

ファンケルのサプリは主に
次のようなものがあります。

ビタミンB群ロングタイム製法は
その名の通りビタミンB系のサプリで
すべてのビタミンBが入ってます。

ロングタイム製法というのは
吸収をゆるやかにして
長時間効果が持続する技術のこと。

ビタミンC&ビタミンPは
1日3粒でレモン53個分のビタミンCが
摂れるというもの。

ビタミンPはポリフェノールのことで
みかんに含まれるヘスペリジンを使用し
吸収率をよくしています。

ついでにビタミンB2も入ってます。

鉄&植物性ツイントースは
鉄、銅、葉酸、美味たんB6、ビタミンB12、
植物性ツイントースを配合してます。

貧血向けのサプリですね。

植物性ツイントースは
鉄の吸収をよくするための成分です。

ピュアリズムはイソフラボンなどを含む
女性のホルモンバランスを
整えるためのサプリです。

これで生理不順を解消する人もいます。

・ニキビ向けっぽいファンケルのサプリは?

このようにいろんなサプリがあるわけですが
中でもニキビ向けといえるのが
最後に紹介したピュアリズムです。

ほぼ説明はいらないと思いますが
大人ニキビの大きな一因といえるのが
ホルモンバランスの乱れですね。

女性ホルモンは皮膚の健康を
維持する役割があり、
皮脂の分泌を抑える働きもあります。

PMSなどで生理不順になると
精神的にも不安定になり、
ニキビ肌になりやすくもなります。

ビタミン類の摂取も大事ですが
ホルモン系は全身の健康に
関わることなので、
こっちのほうがより重要度が
高いと思います。

もちろん栄養不足も
ホルモンバランスの乱れと
密接に関わっていますので
同時に対策するのが一番いいですけどね。

サプリばかりに頼るのは良くないので
試すにしても1種類ずつにして、
栄養は基本的に食事から確保するという
原点を忘れないようにしましょう。

ファンケルアクネケアの値段について 安くもあり高くもある

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアは
ニキビスキンケアの中では
値段が安いほうだと思います。

だからといって使いすぎるのも
問題なので節度をもって
接することをおすすめします。

トライアルキットも安いので
使いたければまずはそれから
買うのが鉄則です。

・ファンケルアクネケアのそれぞれの値段

ファンケルアクネケアは
無添加にこだわっていて
医師が監修していて
大手の商品という特徴があるので、

いかにも高いイメージがありますが
意外にも良心的な方のお値段です。

ファンケルアクネケアシリーズは
洗顔クリーム、化粧液、エッセンス、
ジェル乳液の4種類あります。

洗顔クリームは1512円、
化粧液は1620円、
エッセンスは1944円、
ジェル乳液は1620円と
いずれも本1冊分の値段です。
(すべて税込み)

そしてトライアルセットは
本品と同じものが含まれているのに
1000円しかしないので
かなり安いといえます。

基本は化粧液とジェル乳液ですが
プレゼントとしてクレンジングオイル、
洗顔クリーム、エッセンスが
セットされています。

クレンジングオイルは20ml、
洗顔クリームは10回分、
エッセンスは5回分と、

さすがに全部が1ヶ月分ではないですが
それでも化粧液とジェル乳液が
まるまる使えるので効果を試すには
十分な量だと思います。

このようにファンケルアクネケアは
値段が思った以上に安いので
根強い人気があるのだと思われます。

他の化粧品も安いと思うので
メーカーはかなり意識してそうです。

・ファンケルアクネケアの値段は妥当かどうか

ただ、冷静になって考えると
高いといえば高いとも言えます。

本品をすべて揃えるとしたら
合計で6696円もかかります。

約7000円です。

エッセンスは時々使うものなので
例外的だといえますが
洗顔料と化粧水と乳液は
基本的に毎日使うことが
想定された化粧品なので
ふつうに考えて1ヶ月分です。

感じ方は人それぞれですが
毎月5000~6000円は
ニキビケアをするにあたって
高いといえば高いですよね。

他の化粧品と比べたら安いってだけで
放っておいても自然に治る
可能性があるくらいのことに
その値段を投資する価値はあるのか、

改めて考える必要があると思います。

そもそもライン使いしないと
よくならないわけでもないので、
トライアルセットで気に入ったものだけ
もう少し続ける程度でいいでしょう。

そしてニキビがよくなったら
ニキビスキンケアを卒業するのが
一番のポイントかと思います。

あくまで化粧品は応急処置として
使うものです。

ファンケルアクネケアはさっぱり過ぎて乾燥肌に向かない?

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアを使った人の
感想によると、全体的にさっぱり系なので
乾燥肌の人には不向きかもしれません。

中にはかさつきを感じる人もいるので
そうなると使える人はかなり
限定されてしまうような気もします。

大人になると乾燥肌で悩む人のほうが
圧倒的に多くなるからです。

ただ乾燥肌も程度問題であり、
使い心地や効果の出方は人それぞれで
混合肌だとおすすめされることもあり
なんともいえないところではあります。

気になるならトライアルセットを
試してみればいいと思います。

安いので納得できなくても
あまり損しません。

・ファンケルアクネケアは乾燥肌不向き?

ファンケルアクネケアは
化粧品大手メーカーが出してることもあり
使っている人が多いです。

当然ニキビ用として出してるので
それなりの効果はあると思われます。

だから全体的に見ると
概ね満足している人が多いですが
万能化粧品ではないので
不満の声もそれなりに多いです。

とくに乾燥肌に悩む人にとっては
物足りないと感じるかもしれません。

というのもファンケルアクネケアは
ライン使いをしたとしても
さっぱり系で終始しているからです。

無添加にこだわっていることから
自然とそうなったのかもしれませんが
大人ニキビ向けとして出してるのに
乾燥肌に向かないとなると
けっこう痛いような特徴に感じます。

ご存知のように乾燥肌は
年齢を重ねるにつれて
多くなる肌状態です。

女性なら誰しも化粧をしますが、
ほとんどの化粧品は乾燥肌を
助長するので、

30を過ぎる辺りになると
肌質がけっこう変わります。

だから年代によって
化粧品を使い分けるべきと
言われてるわけですが、
まあどれを使おうと
気をつけて選ばないと
肌に悪いのは同じです。

・はじめは慎重に使いましょう

ファンケルアクネケアは
有名なメーカーが作っており、
しかも医師監修ということで
信頼感が芽生えるようなものですが、

誰でも適合してるわけじゃないので
信用しすぎるのも考えものです。

ファンケルアクネケア自体も
合成界面活性剤が使われているので
乾燥肌を助長する面もあります。

一時的な対処として
合成ポリマーを使うのは
ありといえばありですが、

慢性的に使うとよくないので
対症療法として使うのがいいでしょう。

といってもさっぱり系なので
乾燥肌の人にとっては物足りないし
下手すると保湿力が足りないことから
かさつくことも考えられます。

乾燥肌は敏感肌といえるので
症状がひどい方はヒリヒリ感を
伴う可能性もあります。

ライン使いすると地味に高くつくので
トライアルセットで良し悪しを
判断したほうがいいです。

ファンケルアクネケアのエッセンスは集中ケア用の美容液

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアのアイテムのひとつ、
エッセンスについて考察していきます。

エッセンスは部分用美容液のことで
ライン使いの中には入ってないので
ちょっと微妙な存在ですが
いざという時に使うものなので
もともと目立つ存在ではありません。

これを使ってニキビが小さくなったと
感じる人もいるようなので、
ニキビ用軟膏のように夜寝る前に
使うなどするといいと思います。

・ファンケルアクネケアエッセンスについて

まずはエッセンスの基本情報からおさらい。

エッセンスというとわかりにくい表現ですが
これは部分用美容液のことです。

ニキビ1つに対して米粒ひとつほどを
塗り込むために使います。

ドラッグストアなどに売っている
ニキビ向け軟膏薬のファンケル版
といったところですね。

順序的には洗顔クリーム、
化粧液の次に使うものになってますが
常にラインに盛り込むべきものでは
ないと思います。

基本は化粧液を使ったあとに
ジェル乳液を使うものです。

美容液は化粧水のあとに
使うものなので順番を示すと
そうであるだけで、
特にここが気になる!
というのがなければ
スルーしてもOKです。

それはコスパも考慮してのことです。

エッセンスは他のアクネケアと比べて
とても小さく、容量は8gしかないです。

よくある軟膏薬はだいたい10g前後なので
けっこう少ないのがわかると思います。

使用回数は50回ほどだそうですが
目安なのであまり当てになりません。

フレッシュ期間は未開封だと1年以内、
開封後だと120日以内なのは
他のファンケルアクネケアと同じです。

防腐剤などを使っていないので
あまり長持ちしないことが理由です。

・エッセンスはどう使うべきか

公式の口コミは200件を有に超え、
それなりに評判がいいとされてます。

顔全体に使う人もいれば
たまに出る吹き出物に使う人、
しこりニキビに効果があったと
喜んでいる人など様々です。

エッセンスが功を奏したのか
別にして、とりあえず客観的に
いえることは、

成分的にはそんなによくないので
長期間は使わないほうがいいですね。

それこそ薬と同じように
使うという感じでいいと思います。

というのも肌バリアを壊さないと
成立しないアイテムだからです。

合成ポリマーでコーティングしても
肌の水分は抜けてしまうので
あんまり頼りすぎるのもあれです。

部分用なので影響は小さそうですが
それでも油断しない方がいいです。

あと口コミは公式サイト以外も
ちゃんと見てくださいね。

そうじゃないと欠点などが
見えてこないので。

ファンケルの大人ニキビ理論|理想的な肌を目指すには?

ファンケルアクネケア

ファンケルのニキビに対する
考え方を紹介していきます。

その理論をもとに
ファンケルの製品が
作られてるんだと納得できます。

すでにわかってるような
内容かもしれませんが
改めて見てみると
新たな発見があるかもしれませんよ?

・ファンケルのアンケートでわかった悩み

ファンケルは超がつくほどの
大手化粧品メーカーです。

もちろんニキビについても熟知していて
わかりやすく説明してくれてます。

そこから人間の肌や健康や仕組みについて
すべてがわかるわけではないですが
少なくともニキビの基本的な理論は
理解できると思います。

ここでは最も悩む期間が長いであろう
大人ニキビについてお伝えします。

大人ニキビには以下の特徴があると
アンケートからわかったといいます。

治っても同じところにできる、
なかなか治らない、
ニキビ跡が消えない、
治っても生理周期に合わせてできる。

最も多い悩みが同じ部分に
繰り返しできるで71%、

ついでニキビ跡の60%、

生理周期が59%、

なかなか治らないが43%です。

アンケートは大人ニキビに悩む
150人に実施したもので
期間は2014年~15年。

おそらく重複回答ですので
みなおおよそ同じような悩みを
抱えていると思われます。

・ファンケルのこだわりについて

一番多い悩みである
繰り返す大人ニキビは、
間違ったニキビケアや乾燥により
肌のバリア機能が低下した状態と
ファンケルはいいます。

ニキビケアでは定番である
殺菌剤を含む化粧品が仇となるそうで、
それにより皮脂の過剰分泌が起きます。

乾燥も同じ理由で起こりえます。

健康な肌は水分量が多く
皮脂量が少ない状態と
ファンケルは定義しているようです。

その理想的な肌を目指すには、
肌に負担をかけない無添加、

洗浄と保湿で大人ニキビを予防し、

バリア機能を高めて繰り返しも防ぎ、

可能なだけニキビ跡にも
アプローチする方法がいいと説きます。

一番のポイントは肌に負担を
かけないことだと思います。

ファンケルも完璧ではないですが
無添加にはこだわりがあるようで
1980年の創業から
ずっと守っているそうです。

香料フリーはよくありますが
防腐剤を使っていない化粧品は
めずらしいですね。

そのため長持ちさせにくいので
容器にもこだわっており、
製造年月日を明記するなど
他のメーカーでは見られない
特徴が随所に垣間見えます。

食べ物で言う賞味期限にあたる
フレッシュ期間というのも
設けているのも個性的です。

ニキビは炎症を抑えればいいとか
殺菌しておけばなんとかなるとか
そう言われてた時代もあったと思いますが
今は全く違いますね。

ファンケルアクネケアの販売店は全国各地に存在する

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアは
基本的にネットで買う人が
多いと思います。

でも販売店はネットだけでなく
実店舗も数多く存在します。

ファンケルがそれだけ
大きな企業だということがわかります。

ほぼ全国を網羅しているので
都市部かその近郊にお住まいなら
立ち寄れるところにある
可能性が高いです。

一応参考までにどこにあるかを
ざっくり紹介しておこうと思います。

時間が経つと店舗の閉鎖や移転、
企業の倒産なども含めて
状況が変わる可能性もあります。

気になった場合は
実際に店舗があるかを
調べることをおすすめします。

もうひとつ注意点として、
ファンケルアクネケアを
実店舗で買いたい場合は
直営店にいったほうがいいです。

ドラッグストアなどでは
洗顔料しか置いてなかったりします。

・ファンケルアクネケアの販売店があるところ

ファンケルアクネケアの販売店は
主に以下の店舗で販売されてます。

直営店、ドラッグストア、スーパー、
コンビニ、公式サイトや通販ショップ。

コンビニはローソン、
スーパーはイオンといった大手、
ネットショップは
楽天やアマゾンあたりになります。

ネットでの買い物は手続きが面倒とか
店員に話しかけられても大丈夫、
という場合は直営店がいいですね。

直営店は一部の例外を除いて
ファンケルアクネケア4種類を
すべて扱っています。

直営店がある都道府県は、
北海道は札幌、函館、苫小牧、

東北は青森、秋田、岩手、宮城、
山形、福島、

関東は東京、神奈川、さいたま、
千葉、茨城、栃木、群馬、

中部は新潟、長野、山梨、
富山、石川、福井、
静岡、愛知、岐阜、

近畿は京都、大阪、滋賀、
兵庫、奈良、和歌山、

中国は鳥取、島根、岡山、広島、山口、

四国は香川、愛媛、徳島、高知、

九州は福岡、佐賀、長崎、
熊本、大分、宮崎、鹿児島、

最後に沖縄と要は全部ですね。

店舗数は都道府県によって
かなりの開きがあります。

一番多いのは東京で、
少ない地域だと1店舗しかないです。

デパートやショッピングモールに
入っている場合が多いですね。

東京だと例えば有楽町マルイ店、
丸の内店、大丸東京店、
ルミネ、グランデュオ、イオンモールなど。

ばらつきはあるものの、
47都道府県を網羅しているのは
すごいですね。

大抵は大都市にしかないものなので
ファンケルってそうとう
儲けてるんだなぁってことも
垣間見えちゃいます。

直営店だけで200以上あるらしいです。

コンビニとかを含めると
数え切れないですね。

ネットも有名所以外でも
かなり置いてるっぽいですね。

フリマでもけっこうありそう。

ファンケルアクネケアの使い方とちょっとした注意点

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの使い方を
紹介しておこうと思います。

公式サイトでも説明されてますが
非常にシンプルで特に
難しいことは必要ありません。

洗顔料は泡立てて強くこすらないようにし、
化粧液と乳液は優しく力を入れず
伸ばしていくとかそんな感じです。

他の情報サイトでも
同じようなことしか書いてないので
裏技的な手法はないといっていいです。

・ファンケルアクネケアの基本的な使い方

ファンケルアクネケアは
洗顔料、化粧液、乳液、エッセンスの
4つが基本のセットになってます。

基本の流れは洗顔料、化粧液、
乳液の3つを使い、
エッセンスは部分用なので
気になるところにだけ
適宜使うという感じです。

洗顔クリームは
最初に使うものですが、
その前に顔をぬるま湯で
湿らせておきます。

手のひらでも泡立てますが
そのほうがより泡立ちや
洗浄力がよくなるのでしょう。

適量は2センチほどで
そんなに多く出さなくても
ちゃんと泡立てることができます。

空気を含ませるようにします。

そして泡を顔全体に広げ、
軽くこするように洗い、
最後は水でもぬるま湯でもいいので
しっかり洗い流します。

化粧液と乳液の使い方は同じです。

適量を指の腹と使って
顔の内側から外側へ広げていきます。

その際、リフトアップを
意識したほうがいいそうです。

顔全体を持ち上げる感じでしょうか。

顔全体になじませたら
ハンドプレスをしたほうが
キメが整った肌になるとのこと。

おそらく軽く刺激を与えたほうが
肌の再生力かなにかが
活性化されるのでしょう。

化粧液の目安量は100円玉、
乳液はパールくらいです。

エッセンスは軟膏薬のように
ニキビの上だけに使います。

適量はニキビ1つに対して
米粒くらいとかなり少量でOKです。

・補足と注意点

次に使い方の補足です。

ファンケルアクネケアは
無添加にこだわっているからか
なるべく早めに使い切ることを
推奨しています。

化粧品として売り出すためには
ある程度保存が効かないといけないという
ルールがあるのでそんなにすぐに
悪くなることは考えにくいですが、

忘れてずっと放置してもアレなので
目安の期間どおりに
使ったほうがいいですね。

それから継続するかは
ゆっくり考えればいいと思います。

また、ちょっと意外なポイントは
化粧液や乳液が出にくいという
口コミがけっこうあることです。

これはキャップに原因があります。

どちらも内キャップがあるので
まずはそれを取るのはいいと思いますが
凸部分をしっかりあわせる必要があります。

それから化粧液と乳液のキャップが
入れ替わってるとうまく
出てこないのだそうです。

ファンケルアクネケアの成分から読み解く良し悪しについて

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの成分から
効果がどうなどを考えていくのは
とても大事なことです。

食品の成分表示を見るのと
同じようにまずはそこを
チェックする気持ちでいてください。

そうじゃないと良し悪しも
判断できなくなってしまいます。

ただ保湿成分が入っているから
良いというわけではないので
ある程度自分でもわかるように
なってほしいと思います。

・ファンケルアクネケアの成分でわかること

まずは洗顔クリームから。

これはもちろん洗顔料なので
余分な汚れの除去と
ニキビ予防に使うわけですが、

保湿成分として
グリチルリチン酸ジカリウムが
配合されてるから肌に優しい
という説明がよくされます。

でも合成界面活性剤をはじめ
合成ポリマーも入ってるので
長期的にはどうかって感じですね。

洗い上がりがつっぱらないし
保湿も出来るからすごいだけで
良いとは限りません。

次に化粧液。

こちらもグリチルリチン酸2Kや
シャクヤク、ビタミン、クエン酸など
肌に良いと言われる成分が
いろいろはいっています。

化粧水には大抵バリア層を壊す
合成界面活性剤が入ってるものですが
ファンケル化粧液には入ってないので
シリーズの中では一番マシになります。

ベタつかないのもいいところですね。

その次はジェル乳液。

化粧液のあとに使うもので
擬似的なバリア層を作り出して
ニキビ肌を保護するために使います。

成分はおなじみのグリチルリチン酸2Kや
ヒアルロン酸やビタミンEの他にも

シャクヤクやトウニン、シソなど
植物エキスもいろいろはいってます。

ただ、効果が強いのはなんといっても
擬似的なバリア層を形成する
合成ポリマーたちです。

あとなぜか合成界面活性剤も入ってるので
バリア層を作りたいのか壊したいのか
どっちなのという感じでもあります。

最後にエッセンス。

これは分類上は美容液で、
部分的に使うものです。

いわゆる集中ケア用です。

成分構成は洗顔料以外とほぼ同じで
植物エキス、合成ポリマー、
合成界面活性剤のセットです。

同じメーカーでニキビケアという
テーマということで
洗顔料以外はどれも似たような感じ、
という印象が強いことがわかりました。

ファンケルの場合は
ニキビスキンケアとしては
リーズナブルな方なので、

ライン使いする人が多そうですが
化粧品は基本的に多く長く使うほど
肌への負担も大きくなります。

それは成分を見れば明らかですよね。

ということで使うなとはいいませんが
頼り切ることのないように
してほしいと思います。

一番肌に負担が少ないと思われるのは
化粧液ですね。

ファンケルアクネケアはどのような効果が期待できる?

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの効果について
基本的なことをお伝えします。

公式ではどんな効果があると
謳っているのか、

実際に使った人は
どんな効果を実感したのか。

このような感じでお伝えしていきます。

・ファンケルアクネケアのニキビの効果は?

まずはファンケルアクネケアの
基礎知識の部分です。

ファンケルアクネケアは洗顔料、
化粧液、エッセンス、乳液の
4つで構成されています。

あんまり高くないので
ライン使いしている人も
多いと思われます。

洗顔料はニキビの原因とされる
毛穴詰まりを解消するために
ある程度強い洗浄力をもったものです。

角栓は頑固な汚れなので
合成界面活性剤を使用しないと
説明通りの効果は出せないだろうと
推測できます。

化粧液は大人ニキビの予防と
ケアをするためのものです。

肌の水分と油分のバランスを
意識した作りになっていて
ファンケルアクネケアの
メインとなるものです。

エッセンスも似たようなものですが
こっちは部分的に使うものです。

ジェル状なので乾燥にも
強い特徴があります。

メインの保湿剤は乳液です。

化粧液の潤いをさらにヴェールで
包んでバリア機能を高めるものです。

こちらもジェル状ですが
べたつかないよう工夫されてます。

成分的にみると、
プルーン酵素エキスで角栓を溶かし、

表面上の古い角質はカンテンで洗い流し、

イオウが角質層を柔らかくし、

ニキビ跡には甘草成分誘導体、

バリア機能を高める漢植物エキスは
4つすべてに配合されています。

・ファンケルアクネケアで効果が出た口コミ

では実際にファンケルアクネケアを
使っている人の口コミをみてみましょう。

あくまで個人の意見なので
素直に受け止めすぎないよう
注意することも忘れずに。

洗顔クリームの場合、

泡立ちが少なくても毛穴汚れが落ちる、

洗浄力は高いと感じるけど
肌がつっぱらないし乾燥もしないので
使いやすい、などなど。

化粧液の場合、

少量でも伸びがよくて
テクスチャーは水みたいでサラサラで
使った後はさっぱりします、

見た目以上に効果を感じました
ちゃんと保湿してくれるので
乾燥肌でもとくに問題なく使えます、

エッセンスの場合、

大きな大人ニキビが小さくなった、

ライン使いしたらニキビが落ち着いた、

ベタつかず爽快感があった、などです。

ジェル乳液の場合、

ベタつかないので夏でも使いやすい、

ベタつかずスーッと伸び、
重たい感じもしません
これがないと大人ニキビが
できやすくなる気がします、などなど。

他にもいろいろあるので
ネガティブな口コミも合わせて
チェックしてみてください。

ページの先頭へ