「ファンケルアクネケア」の記事一覧

ファンケルアクネケアの使い方とちょっとした注意点

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの使い方を
紹介しておこうと思います。

公式サイトでも説明されてますが
非常にシンプルで特に
難しいことは必要ありません。

洗顔料は泡立てて強くこすらないようにし、
化粧液と乳液は優しく力を入れず
伸ばしていくとかそんな感じです。

他の情報サイトでも
同じようなことしか書いてないので
裏技的な手法はないといっていいです。

・ファンケルアクネケアの基本的な使い方

ファンケルアクネケアは
洗顔料、化粧液、乳液、エッセンスの
4つが基本のセットになってます。

基本の流れは洗顔料、化粧液、
乳液の3つを使い、
エッセンスは部分用なので
気になるところにだけ
適宜使うという感じです。

洗顔クリームは
最初に使うものですが、
その前に顔をぬるま湯で
湿らせておきます。

手のひらでも泡立てますが
そのほうがより泡立ちや
洗浄力がよくなるのでしょう。

適量は2センチほどで
そんなに多く出さなくても
ちゃんと泡立てることができます。

空気を含ませるようにします。

そして泡を顔全体に広げ、
軽くこするように洗い、
最後は水でもぬるま湯でもいいので
しっかり洗い流します。

化粧液と乳液の使い方は同じです。

適量を指の腹と使って
顔の内側から外側へ広げていきます。

その際、リフトアップを
意識したほうがいいそうです。

顔全体を持ち上げる感じでしょうか。

顔全体になじませたら
ハンドプレスをしたほうが
キメが整った肌になるとのこと。

おそらく軽く刺激を与えたほうが
肌の再生力かなにかが
活性化されるのでしょう。

化粧液の目安量は100円玉、
乳液はパールくらいです。

エッセンスは軟膏薬のように
ニキビの上だけに使います。

適量はニキビ1つに対して
米粒くらいとかなり少量でOKです。

・補足と注意点

次に使い方の補足です。

ファンケルアクネケアは
無添加にこだわっているからか
なるべく早めに使い切ることを
推奨しています。

化粧品として売り出すためには
ある程度保存が効かないといけないという
ルールがあるのでそんなにすぐに
悪くなることは考えにくいですが、

忘れてずっと放置してもアレなので
目安の期間どおりに
使ったほうがいいですね。

それから継続するかは
ゆっくり考えればいいと思います。

また、ちょっと意外なポイントは
化粧液や乳液が出にくいという
口コミがけっこうあることです。

これはキャップに原因があります。

どちらも内キャップがあるので
まずはそれを取るのはいいと思いますが
凸部分をしっかりあわせる必要があります。

それから化粧液と乳液のキャップが
入れ替わってるとうまく
出てこないのだそうです。

ファンケルアクネケアの成分から読み解く良し悪しについて

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの成分から
効果がどうなどを考えていくのは
とても大事なことです。

食品の成分表示を見るのと
同じようにまずはそこを
チェックする気持ちでいてください。

そうじゃないと良し悪しも
判断できなくなってしまいます。

ただ保湿成分が入っているから
良いというわけではないので
ある程度自分でもわかるように
なってほしいと思います。

・ファンケルアクネケアの成分でわかること

まずは洗顔クリームから。

これはもちろん洗顔料なので
余分な汚れの除去と
ニキビ予防に使うわけですが、

保湿成分として
グリチルリチン酸ジカリウムが
配合されてるから肌に優しい
という説明がよくされます。

でも合成界面活性剤をはじめ
合成ポリマーも入ってるので
長期的にはどうかって感じですね。

洗い上がりがつっぱらないし
保湿も出来るからすごいだけで
良いとは限りません。

次に化粧液。

こちらもグリチルリチン酸2Kや
シャクヤク、ビタミン、クエン酸など
肌に良いと言われる成分が
いろいろはいっています。

化粧水には大抵バリア層を壊す
合成界面活性剤が入ってるものですが
ファンケル化粧液には入ってないので
シリーズの中では一番マシになります。

ベタつかないのもいいところですね。

その次はジェル乳液。

化粧液のあとに使うもので
擬似的なバリア層を作り出して
ニキビ肌を保護するために使います。

成分はおなじみのグリチルリチン酸2Kや
ヒアルロン酸やビタミンEの他にも

シャクヤクやトウニン、シソなど
植物エキスもいろいろはいってます。

ただ、効果が強いのはなんといっても
擬似的なバリア層を形成する
合成ポリマーたちです。

あとなぜか合成界面活性剤も入ってるので
バリア層を作りたいのか壊したいのか
どっちなのという感じでもあります。

最後にエッセンス。

これは分類上は美容液で、
部分的に使うものです。

いわゆる集中ケア用です。

成分構成は洗顔料以外とほぼ同じで
植物エキス、合成ポリマー、
合成界面活性剤のセットです。

同じメーカーでニキビケアという
テーマということで
洗顔料以外はどれも似たような感じ、
という印象が強いことがわかりました。

ファンケルの場合は
ニキビスキンケアとしては
リーズナブルな方なので、

ライン使いする人が多そうですが
化粧品は基本的に多く長く使うほど
肌への負担も大きくなります。

それは成分を見れば明らかですよね。

ということで使うなとはいいませんが
頼り切ることのないように
してほしいと思います。

一番肌に負担が少ないと思われるのは
化粧液ですね。

ファンケルアクネケアはどのような効果が期待できる?

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアの効果について
基本的なことをお伝えします。

公式ではどんな効果があると
謳っているのか、

実際に使った人は
どんな効果を実感したのか。

このような感じでお伝えしていきます。

・ファンケルアクネケアのニキビの効果は?

まずはファンケルアクネケアの
基礎知識の部分です。

ファンケルアクネケアは洗顔料、
化粧液、エッセンス、乳液の
4つで構成されています。

あんまり高くないので
ライン使いしている人も
多いと思われます。

洗顔料はニキビの原因とされる
毛穴詰まりを解消するために
ある程度強い洗浄力をもったものです。

角栓は頑固な汚れなので
合成界面活性剤を使用しないと
説明通りの効果は出せないだろうと
推測できます。

化粧液は大人ニキビの予防と
ケアをするためのものです。

肌の水分と油分のバランスを
意識した作りになっていて
ファンケルアクネケアの
メインとなるものです。

エッセンスも似たようなものですが
こっちは部分的に使うものです。

ジェル状なので乾燥にも
強い特徴があります。

メインの保湿剤は乳液です。

化粧液の潤いをさらにヴェールで
包んでバリア機能を高めるものです。

こちらもジェル状ですが
べたつかないよう工夫されてます。

成分的にみると、
プルーン酵素エキスで角栓を溶かし、

表面上の古い角質はカンテンで洗い流し、

イオウが角質層を柔らかくし、

ニキビ跡には甘草成分誘導体、

バリア機能を高める漢植物エキスは
4つすべてに配合されています。

・ファンケルアクネケアで効果が出た口コミ

では実際にファンケルアクネケアを
使っている人の口コミをみてみましょう。

あくまで個人の意見なので
素直に受け止めすぎないよう
注意することも忘れずに。

洗顔クリームの場合、

泡立ちが少なくても毛穴汚れが落ちる、

洗浄力は高いと感じるけど
肌がつっぱらないし乾燥もしないので
使いやすい、などなど。

化粧液の場合、

少量でも伸びがよくて
テクスチャーは水みたいでサラサラで
使った後はさっぱりします、

見た目以上に効果を感じました
ちゃんと保湿してくれるので
乾燥肌でもとくに問題なく使えます、

エッセンスの場合、

大きな大人ニキビが小さくなった、

ライン使いしたらニキビが落ち着いた、

ベタつかず爽快感があった、などです。

ジェル乳液の場合、

ベタつかないので夏でも使いやすい、

ベタつかずスーッと伸び、
重たい感じもしません
これがないと大人ニキビが
できやすくなる気がします、などなど。

他にもいろいろあるので
ネガティブな口コミも合わせて
チェックしてみてください。

ファンケルアクネケアは毛穴対策もできるの?

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアは
基本的にはニキビ対策向けといえる
化粧品ですが毛穴対策にも使えます。

そもそもニキビケアはスキンケアなので
毛穴ケアもできないとおかしいですよね。

といっても化粧品に出来ることは
一時的なことに過ぎないので
頼りすぎないことも大切です。

・毛穴には種類があった

ファンケルアクネケアは
ご丁寧にも公式ページで
毛穴ケア特集みたいなものを
作っているのでとても参考になります。

それによると毛穴だけでも
3つのタイプが存在するようです。

開き毛穴タイプ、たるみ毛穴タイプ、
黒ずみ毛穴タイプです。

開き毛穴は文字通り毛穴が広がって
目立ってしまっているものです。

紫外線など乾燥肌により起こり、
肌のキメの粗くなります。

皮脂の過剰分泌により
毛穴が押し広げられるという
要因もあります。

そのためTゾーンの毛穴は
目立ちやすいんですね。

たるみ毛穴は聞き慣れないと思います。

毛穴が縦に伸びて
文字通りたるんでる状態で
見た目は雫に似ていて、
肌を持ち上げると
目立たなくなる特徴があります。

主な原因は加齢で
皮膚のハリが損なわれています。

黒ずみ毛穴はよくあるものですね。

角栓が酸化して変色したものが
詰まっている状態です。

・ファンケルアクネケアで毛穴ケアもできる

開き毛穴は冷水パッティングを
スキンケアの仕上げにすると
毛穴を引き締めることができます。

隠す際はベースメイクを使用します。

たるみ毛穴はリフトアップに
効果があると言われるエクササイズや
ツボ押しなどがよく、
開き毛穴と同じく化粧下地は
忘れずにつけましょう。

黒ずみ毛穴は洗顔が特に重要で
ある程度洗浄力が強いものが
洗い流す際に約だります。

ファンケルアクネケアは
それらの対策ができるようにも
作られています。

公式的におすすめは違うようですが
アクネケアシリーズでも
ある程度は対応できます。

洗顔クリームには
古い角層をからめとるカンテンという
海藻由来の食物繊維が入っており、

角栓をできにくくするための
プルーン酵素エキスも配合してます。

プルーン酵素は洗顔クリームだけでなく
化粧液にもジェル乳液にも
エッセンスにも含まれてるので
全体的に毛穴対策も意識して
作られてるのがわかります。

そもそもニキビは毛穴トラブルの
ひとつですからね。

バリア機能の補助として
シャクヤクやトウニンなどの
漢方成分も入っています。

ただ、化粧品の性質上、
長く使い続けるのもよくないので
一時的な肌トラブルには便利なものと
捉えておくのも大切です。

ファンケルアクネケアでニキビ跡は良くなるのか

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアでニキビ跡の解消は
基本的に難しいと思ってください。

赤みくらいならある程度の効果は
期待できそうですけど
肌の深部にまで及んだニキビ跡は
ホームケアでは治せません。

色素沈着についても
ちょっと微妙かもしれません。

・ニキビ跡の基礎知識

ニキビ跡は大きく3種類あります。

赤み、色素沈着、クレーターです。

赤みは皮膚が薄くなって
血管が透けて見える状態で
炎症とは違います。

色素沈着は傷んだ肌を
紫外線から守ろうとしてできる
シミのことです。

クレーターは真皮層まで
ダメージが及んで深く
肌がえぐれたようなものです。

ホームケアでどうにかできるのは
軽症である赤みと色素沈着までです。

色素沈着も程度問題で、
真皮層にできてしまうと
メラニン色素がなかなか排出されずに
ずっと残り続ける可能性があります。

そうなると重症なニキビ跡に
分類できてしまいます。

よくできるのは赤みで、
ニキビ跡の中では軽症ですが、
ニキビがひどくならないと
できないものなので、
深刻であることは変わりません。

肌自体が壊れているので
ニキビよりも治りが遅く、
3ヶ月はかかると言われます。

刺激にも弱くなるので
こうならないためにも
普段から気をつけないといけないですね。

・ファンケルアクネケアでニキビ跡はどうにかなる?

ではファンケルアクネケアで
ニキビ跡はどうにかできるのでしょうか。

これは使ってみるまでなんともいえませんが
とりあえず言えることは軽症な場合に限り
効果があるかもしれない、
くらいに思っておきましょう。

肌に負担をかけないよう
いろいろ無添加を謳っていて
保湿成分として漢方も使っていたり
消炎成分も色素沈着向けの成分も
入っていたりといろいろ工夫されてます。

ニキビ跡ケアに特化するとしたら
化粧液が一番いいと思います。

化学物質がシリーズの中で
一番少ないですし色素沈着対策として
アケビアエキスも入っています。

アケビアエキスはジェル乳液にも
配合されてますが保湿を重視してることから
合成界面活性剤が含まれてるので
ちょっと肌的にはよろしくない
部分もあります。

基本的にファンケルアクネケアのような
シリーズものはライン使いするのが
一般的ですがニキビ跡に関しては
最小限度にしたほうがいいです。

敏感肌ですからね。

本来はニキビ跡というのは
外傷と同じようなもので、
炎症はそれを治すためのものです。

なのでメイクをする必要があると
必然的にある程度コーティングも
しないといけなくなりますが、
メイクも同時にこだわったほうがいいです。

ファンケルアクネケアは薬局で買うことができますが

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアは
ちょっと意外ですが
薬局でも取り扱っています。

たいていインターネットで
バリバリ紹介してるものは
実店舗にはないものなので
めずらしいですね。

ただ、ほとんど洗顔クリームしか
取り扱っていないのがミソ。

しかも定価でしか売っておらず
値切ることも難しいでしょうから
無理に薬局まで出向く必要は
ないでしょう。

・薬局でも買えるファンケルアクネケア

薬局はその名の通り
薬を取り扱っている小売店のことですが
近年は生活雑貨全般を取り扱う
お店へと変貌しています。

いつのまにかコンビニ化しており、
小さなスーパーと言っても
過言ではないでしょう。

下手にコンビニに行くよりも
種類が豊富で安いことも多く、
欠かせない存在になっている人は
多そうです。

化粧品も定番商品となっているので
よく入り口近くのエリアを
独占しています。

デパートの1階が化粧品売り場で
埋め尽くされていますが
それと似たような感覚です。

大抵のドラッグストアと言われる店舗は
取扱商品が多く有名どころの商品なら
ほぼ間違いなくあるはずです。

ファンケルアクネケアもそのひとつで、
多くのお店で取り扱っています。

ファンケルアクネケアは
洗顔料、化粧水、美容液、
保湿クリームの4種類あります。

いずれもどこかの薬局で
取り扱っている可能性があるので
気になったときや何かのついでに
チェックしてみると、
見つかるかもしれません。

・薬局では洗顔クリームだけ?

しかし、ファンケルアクネケアの場合、
なぜか取扱商品の大半は
洗顔クリームのみとなっています。

実際にリサーチした人の話によると、
9割以上のお店は洗顔クリームだけで、

4種類すべて取り扱ってる店舗は
なかったとのことです。

薬局は全国チェーンになっている
大規模なお店がけっこう多いですが
そういうところにもないとなると、
小さな薬局でもまずないでしょう。

公式サイトでは丁寧にも
店舗ごとの取扱商品を
一覧で紹介されていますが、

ドラッグストアのページには
アクネケア洗顔クリームしか
掲載されていませんでした。

ということで、
他のアイテムも使ってみたいなら
ネットで注文するしかありません。

少し気になるのは、
調べた人の情報にて
すべての店舗を調べてるわけでは
ないにしろすべて洗顔クリームであるとは
言っていないことです。

ごく一部の店舗は例外的に
他のアクネケアシリーズも
取り扱ってるかもしれません。

もちろんわざわざ探すのは
推奨しませんが・・・。

ファンケルアクネケアお試しセットの特徴と口コミ

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアお試しセットは
化粧水からメイク落としまで入っていて
けっこう安いので人気があるようです。

お試しセットはまともに買うより
3倍も値段が違って、
内容も多くお得感が強いです。

感触を確かめるには
十分過ぎる量だと思います。

・ファンケルアクネケアお試しについて

ファンケルアクネケアお試しセット、
またはトライアルセットともいいますが
かなり充実したほうだと思います。

化粧液(化粧水)、乳液に加えて
洗顔クリーム、エッセンス、
クレンジングオイルまで入っていて、
大体1ヶ月ほど使える量です。

洗顔クリームとエッセンスは
小袋に入った形式で、
それぞれ10包、5包で、
なぜか微妙な量です。

洗顔は一番使うと思うのですが。

クレンジングオイルは
20mlの小さなボトルで
約10回分の量です。

これも微妙といえば微妙な量ですが
お試しとしては十分かと思います。

メインは化粧液とジェル乳液ですね。

これらは本製品と同じ量なので
けっこう太っ腹ですね。

それで1000円は
かなりのお買い得かと思います。

化粧品のトライアルセットは
肌と合うかどうかが焦点に
なっていることが多いので、
最低限の量であることがふつうです。

たとえば1週間分とかですね。

それと比べると全体的に量が多く
あと無期限の返品保証もついてるので
なかなかがんばってます。

ちなみにまともに買うと
3000円+税です。

・ファンケルアクネケアお試しセットの感想

参考までにトライアルセットを
使った人の口コミをいくつか
ご紹介しておきます。

全体的に満足度が高いようですが、
とりあえず使ってみて本当かな?
くらいの気持ちでいましょう。

化粧液はかなりさらっとしていて
顔にのせてもさっぱりして
気持ちがいいです。

乾燥肌の人は物足りないかも
しれないですが
サラサラ感が好きな人にはいいです。

ジェル乳液もさっぱりしていて
使った後もベタベタしません。

でも化粧液とちがって
潤いをけっこう感じます。

刺激もないので化粧液と一緒に
使ったほうがちょうどいいかも?

エッセンスは部分用美容液ってことで
薬を塗るみたいにニキビへ
ピンポイントで使ってみたら
大きくなることがありませんでした。

あまり変な香りがなく
乾燥もしないのでいいですね。

洗顔料は泡立ちがよくて
毛穴の汚れまでちゃんと洗ってるっぽい。

それでいて乾燥もしないので
肌が弱い人でも使えるんじゃないかな。

クレンジングオイルも低刺激で
洗浄力もちゃんとあるので
メイクがしっかり落ちてくれます。

低刺激だとちゃんと落ちず
ストレスになることがありますが
ファンケルはそうじゃないので
人気があるんですね。

ファンケルアクネケア化粧水の基本的な特徴など

ファンケルアクネケア

 

ファンケルアクネケア化粧水について
基本的なことを整理していきます。

簡単にいうとさっぱりした
よくあるテクスチャの化粧水で
モニターさんには好評のようです。

アンケートによると
90%の人が満足したと
回答されたとのこと。

ニキビができにくくなったと
喜んでいる人もいるようですね。

・ファンケルアクネケア化粧水とは?

ファンケルアクネケア化粧水は
正確には化粧液といいます。

大抵のスキンケア商品は
化粧水といってるので
かなり珍しい表現です。

まあそれはいいとして、
この化粧水はアクネケアラインの中では
一番重要な立ち位置にあると考えられます。

一般的にもそうですが、
化粧水というのは肌の問題に
直接的にアプローチするものだからです。

洗顔料とか美容液にも
いろんな効能が追加されたりして
ややこしい感じになってますが
基本的な役割というのは
もちろん今も昔も変わりません。

洗顔料は汚れを落とすもの、
美容液は肌を保護するもの、
そして化粧水は肌の問題解決へと
導くものです。

ファンケルアクネケア化粧水は
大人ニキビを根本から防ぐと
少々強気な説明をされています。

そのくらい自信があるということでしょう。

たしかに水分と油分のバランスに
着目した化粧品はあまり見ないので
それなりに研究されてるとは思います。

化粧水は保湿液と思われることが
多いかもしれません。

たしかに乾燥肌などのトラブル肌には
水分補給は重要になるのですが
水分を保持するためには
油分も欠かせないものです。

だから水分ばかりではダメなので
油分も2割は必要といわれるように
それを意識してスキンケアするのが
望ましいと言われてます。

意外にもこの点を意識して
作られてる化粧品は少ないです。

逆にニキビの原因になるとして
油分は徹底的に避けられる
傾向すら感じます。

・化粧水の基本情報+α

化粧液は1本30ml入りで
使用量の目安は100円玉1枚分。

だいたい1回あたり1mlです。

なので30日くらいもちます。

フレッシュ期間は開封後は60日。

これはファンケルの商品なら
どれも共通してることで、
防腐剤を使ってないかららしいです。

未開封だと1年もつので
あまり気にしなくていいですね。

口コミ数は公式だけで300件以上と
かなり人気なのかなと思います。

1つ1620円なので
化粧水のなかではお手頃価格なのが
受けたんだと思います。

かなりさっぱりした使い心地ですが
ニキビができにくくなったとか
ターンオーバーが解消しつつあるような
手触りになったとか
ポジティブな意見が多いです。

ファンケルアクネケアジェル乳液の特徴いろいろ

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケアジェル乳液は
ファンケルのニキビケアシリーズの
最後に使うものです。

簡単にいうとエッセンスや
化粧水の効果を持続させるために
使うもので変な言い方をすると
コーティング剤です。

潤いをキープできることから
乾燥肌の人の一時的な対策には
いいかもしれません。

・ファンケルアクネケアジェル乳液とは?

ファンケルアクネケアのジェル乳液は
医薬部外品のよくある乳液のひとつ。

乳液というとしっかり保湿するという
ものですからものによっては
けっこうベタついて気になる場合も
多いです。

ファンケルアクネケアジェル乳液は
そこを懸念したのか
ベタつかないよう作られてるようです。

それでいて程よいみずみずしさで
柔らかい肌をキープしてくれるとのこと。

価格は1500円+税で
1本あたり18g。

乳液の量としては一般的なので
割と安めなほうだと思います。

複数同時に買うと
多少安くなるようです。

使用量の目安は
パール粒1~1.5個分。

真珠がどのくらいの大きさかは
曖昧でわかりにくいですが
おそらく0.5センチほどの
ネックレスでよくみるサイズが
基準かと思われます。

朝晩使用で30日ほどもつので
ケチると2ヶ月は使えそうです。

チューブ状なので最後の方は
使いにくいと思いますが、
倹約家の方ならハサミで
パッケージを切って
根こそぎ取り出すといいでしょう。

あとフレッシュ期間という
使用期限が設けられていて、
未開封だと1年以内で、
開封後は60日以内とのこと。

これは他のシリーズでも
ほとんど同じかと思われます。

防腐剤を使用していないから
期間が短いのかもしれません。

洗顔料と同じく
ノンコメドジェニックテストも
実施されていて、
医師監修というのも同じです。

ベタつかないという特徴があることから
思春期の方でも使えるようです。

・ファンケルアクネケアジェル乳液の口コミ

口コミを見てみると、
やはり30代の方が多いですが
肌質はいろいろです。

混合肌だったり脂性肌だったり
乾燥肌ばかりではないようです。

ベタつかないことから
夏でも使いやすいという人もいれば、
重たい感じがしないというのも
特徴的な口コミかと思います。

ニキビに対しても好評で、
周期的にできていたニキビが
できなくなったとか、

1本使い切るころに
ニキビが小さくなってきた、
という人もいます。

効果の実感具合は人それぞれなので
そこは使ってみるまで
なんともいえません。

中にはニキビ跡がよくなった
という人もいます。

もちろんそれは軽症のものだと
思われます。

ファンケルアクネケア洗顔クリームの特徴について

ファンケルアクネケア

ファンケルアクネケア洗顔フォームは
ファンケルのニキビケアシリーズの
洗顔料のことですね。

スタイルはよくあるフォームタイプで
そのまま泡が出てくるので
使い勝手がいいものです。

汚れをしっかり落とすタイプの
洗顔料でもあります。

価格は高くもなく
安くもなくといった感じですね。

肌への刺激感は少なめですが
感じ方は人それぞれです。

・ファンケルアクネケア洗顔クリームの基本

ファンケルアクネケアシリーズの
入口となる洗顔クリームは、

その名の通りクリーミィな
泡が特徴的な洗顔料です。

モチモチ泡が毛穴に詰まった
汚れ(角栓)を取り除くことを
謳っているので、
洗浄力は弱くはないほうです。

ただ、低刺激も意識してるので
洗い上がりがヒリヒリするといった
極端なことは起こりにくいはず。

一応ノンコメドジェニックテストも
実施されているようなので、
一気に乾燥肌から脂性肌になるような
感じでもないでしょう。

アルコールを使用しておらず、
防腐剤は使用していない?そうなので
つけ心地とかはいいかもしれません。

ニキビへの効果については
使ってみるまでなんともいえませんが
一応医薬部外品なので
炎症への効果はそれなりに
発揮してくれると思います。

医薬部外品とは化粧品よりも
効果がちょっと上という位置づけです。

化粧品と医薬品の間ですね。

その他の基本情報としては、
内容量は90gで約1ヶ月分です。

これはまあ標準のサイズでしょうか。

無駄に使いすぎない限り
1ヶ月以上は余裕でもつと思います。

使用期限は未開封だと3年ほど、
開封済みだと120日ほどだそうです。

約4ヶ月ですね。

ちなみに使用期限を表記している
化粧品はめずらしいほうです。

保存料を使ってないことからの
配慮なのかもしれません。

添加物は多いほうが長持ちしますが
それだと肌に悪いので
どっちをとったほうがいいかは
明白ですね。

・洗顔クリームのちょっとした注意点

ノンコメドジェニックテストを
しているからといって
肌トラブルが起きないとは
限りません。

あと保存料がない=良質とも
限りないのでこれを機会に
覚えておきましょう。

一番覚えておいてほしいのは
洗浄力が少々強めなことです。

原料的には植物由来かもしれませんが
ある程度洗浄力を高めるには
合成界面活性剤を入れないと
実現できないことです。

それは泡立ちを良くするためにも
入れられてるものなので、
クリーミィだからといって
肌に優しいとも限りません。

香料や色素、紫外線吸収剤、
石油由来成分が入っていないのは
よかったのですが、
もう少し質は高められると思います。

ページの先頭へ