大人ニキビができるアクネ菌って
一体何なのかな?と思った事
なかったでしょうか?

そうですね

やはりアクネ菌というのは
知っておいて損はないと思います。

それじゃアクネ菌ってどういう物なのかを
ちょっと説明していきます。

アクネ菌というのは常に人の体に
いる菌の事だそうです。

聞いたことある方もいると思いますが
腸内細菌も常に体の中にある菌です。

そしてこの菌にも善玉菌であったり
悪玉菌が存在するのです。

この悪玉が悪さをする事で
ニキビが出来やすくなるそうなので
この悪玉をどうにかする必要があるようです。

アクネ菌はかなりの皮脂を好みどうしようもなくなって
ニキビができてきます。

そしてアクネ菌の特徴としては
皮脂が大好きで、空気がとても嫌いみたいです。

毛穴の中などがすごく居心地がいいのでしょう。(笑)

脂っこい食事などを取ると
皮脂の分泌がかなりでてくると思うのですが
それをえさにしてアクネ菌がとどまるので
ニキビになってくるのです。

結局の所毛穴が閉じなければ
ニキビにはならないという結果になるので
そうなればアクネ菌は自然に毛穴から
出て行かざるを得ません。

そのためには、正しい洗顔であったり
食事であったり、睡眠が大切になってきます。

何でもそうですけど、やはり原因があって
問題が発生しているのですから
その問題を解決したいのであれば
原因を探ってからの方が問題解決は
早いと思いますよ。

それともし大人ニキビができて
どうしても治らないというのであれば
まずは病院で見てもらうのが
一番いいと思います。

今は美容皮膚科などもあるので
そちらの方に行かれてみても
すぐい解決できると思います。

この大人ニキビをずっと放置していると
クレーター肌になる可能性も
十分に考えられますので、そうなる前に
早めの処置をしておいてくださいね!

それと皮膚科の選び方にも
気を使わないといけない所です。

やはり病院でも手を抜いての
診察であったりがあると
よく聞くことがあるのですが
そんな所で治療してもらっても
治る気がまったくしませんよね?

それで治るのであれば
何の問題もないでしょうけど
それなりにしか治らないでしょう。

ですから、病院もきちんと調べてから
行くようにしてください。

もちろんですけど、家でのケアも
忘れずにして大人ニキビを少しでも早く
治してマスクなしの生活を送ってくださいね!